フィット買取で損する人と得する人の違い

損する人はフィットの本当の相場を知らない

フィットを買取店などで売却した方で同じような状態なのに買取金額が何十万円も違う場合が結構あります。
日本には一応中古車市場というものがあって、中古車相場や買取相場というものが存在しているはずなのですがどうしてここまで高い金額で売却して得する人と相場以下の金額で売却してしまい損してしまう人が出てくるのでしょうか。
それはまずはその相場というものを知らないということ、自動車に限らず何かを売ってそれを現金化する時というのは誰もが相場を知りません。

 

例えば目の前にあるボールペンを今売ったとしたらいくらになるか全くわからないでしょう
インクは減っているし、使い込まれ感があるしといった状態で5000円で買った高級ボールペンが1000円になるのか100円になるのか全く分からないはずです。
自動車においても同じです、150万から200万円もするフィットが今この状態でいくらで売れるのかということはわからないはずです。
こういう人は結局のところ買取店に持ち込んで言われた査定額が妥当な金額として見てしまい、対して値上げ交渉などもせずに売ってしまうでしょう。
こういった方が損する人です。

 

得する人は複数社査定

では得する人はどうしているのでしょう。
まずは買取店に出向く前にインターネットなどでフィットの買取相場を調べます。
もちろん状態や走行距離、年式などによって大きく違うでしょう。

 

それらを踏まえてある程度の相場を知り、更に一括査定サイトというところでもう少し突っ込んだオンライン査定を行ってさらに詳しい買取金額を知るのです。
この金額とその前に調べておいた一般的な買取金額と比較して、この店は高いとか安いとかの判断をするのです。

 

一括査定サイトを使うとこういった現実的な数字を知ることができるのと同時、実際にどこで売れば高くなるのかということで買取店選びもできるのが大きなメリットです。
昔であれば実際にあちこちの買取店に言ったり、電話したりしてある程度の買取金額を調べたものです。

 

それがいま家にいながらしてたくさんの買取店で行うことができるので、これを活用しない手はありません。
フィットは非常に台数が多く、中古車需要にかなり大きく左右される車です。
そういった車こそこういった便利なものを活用するべきなのです。

中古フィットの買取相場は?

中古フィットの買取相場

年式 グレード 型番 走行距離 査定地域 買取査定額
2008年式(平成20年式) G ハイウェイエディション GE6(シルバー) 7万キロ 兵庫県 12万円
2007年式(平成19年式) L スマートスタイルエディション GE6(白) 8万キロ 宮崎県 28万円
2006年式(平成18年式) 1.3AU GD1(ブラック) 12万キロ 沖縄県 1万円
2009年式(平成21年式) 1.3G Fパッケージ GE6(白) 3万キロ 京都府 44万円
2012年式(平成24年式) 1.3G GE6(シルバー) 2万キロ 新潟県 61万円

 

中古車販売店などでフィットを買い、それをまた売却して別の車に乗り換えるなり、現金として何かに使うという時に果たして買取金額的に新車を購入してそれを買取店などで売却する時と何か違いはあるのでしょうか。
基本的には同じ年式、同じような状態であれば新車購入したフィットを売却する時と中古で購入したフィットを売却する時とでは金額的にほとんど変わりはありません。
ただ、やはり中古車として購入してそれを売った場合、いわゆるツーオーナー車以上の方が若干安めとなりますが、それだけで何十万円も安くなるということはないでしょう。
ただどうしても複数のオーナーを渡り歩いた車の場合、現オーナーがその車のすべてを説明しきれないということがあります。

 

例えば自分で付けたキズであれば、「家を出る時にブロック塀の角の少しこすった」と説明できますが、中古車として購入した時点ですでについていた傷やへこみは説明のしようがありません。
「前のオーナーが付けたものらしいのでわかりません」と答える程度に終わってしまいます。
これでは買取店側として非常に不安です、ワンオーナー車を査定する時以上に神経質になってあちこち見るしかないのです。

 

やはり細かいところまでいろいろ見るとアラは見つかるものでそういった意味で査定金額が安くなってしまいます。
それとやはり中古車として販売するときに「ワンオーナー」という言葉があるのとないのとではお客様の食いつきが変わってくるので、そういった面でも多少差別化されることになります。
ワンオーナー車と複数オーナー車との金額差はその車の状態や見つけた不具合によって大きく変わってくるので何とも言えませんが、1割から3割程度安くなる可能性があるようです。
新車購入のフィットを売却する時の相場が、現行モデルで90万円から140万円ぐらい、先代モデルが20万円から90万円ぐらい、初代モデルが30万円以下となっていますので、それの1割から3割ほど差し引いた金額が中古フィットの買取相場として見ることができるでしょう。

 

10年落ち、10万キロのフィットを廃車にせずに高く売る方法

低価格帯のコンパクトカーとして作られているフィットにおいて、さすがに10年落ちとか10万キロオーバーの過走行車ともなると価値は一気に下がります。
10年落ちともなると現状では初代モデルがそれにあたるのですが、買取店の持ち込んでもほとんど値がつかず、買取不可能という回答が返ってくることになるでしょう。

 

10万キロオーバーの場合はサンダル代わりに載られることが多いフィットおいては比較的年式の若いモデルでもそういった形になることが多く、先代モデルの後期型あたりでも既に10万キロを突破している車が出てくるぐらいで、そのフィットでも高くて30万円ぐらいがいいところでしょう。
しかし、そういった金額になったとか買取ができなかったからといってすぐに廃車を考えるのは時期尚早というもので、売り方によっては買取できなかったものに値がついたり、安い査定額しか出されなかったものがもっと高くなったりすることもあるのです。
値がつかない、価値が低い、これはあくまでもその買取店での価値観であってその価値観がすべての買取店で共通ではありません。
自動車買取において非常に条件が悪い、多年式車、過走行車でもそういった車を喜んで買ってくれる買取店もあります。

 

フィットは残念ながら海外での需要が高いような車ではなく輸出目的の買取というものは行われていませんが、どうしても高いお金を出せない、とりあえず乗って移動できればそれでいいという方も結構いるためそういった方向けに安くてそれなりにしっかりとしている車を求めるのです。
要はそういった買取店を探すのが条件の悪いフィットを廃車ではなく、売却という形で処分する方法なのです。

 

探すのに一番簡単なのが一括査定サイトを使うこと、ここでこれから売ろうとしているフィットのデータを入力して、それなりの金額を提示してきたところがそういったフィットでも買取ってくれるところですので、思い切って問い合わせなどをしてみましょう。
それでの値がつくところが見つからないという時は今度は見方を変えて、事故車買取店などをあたってみるといいかもしれません。